新着情報

2014年7月のお知らせ

7月のお休みをお知らせします。

7月は6日,13日,20日,21日,27日の日曜日および祝日です。

 

今年もすでに夏至も過ぎて折り返しですね。そう思うと時が過ぎるのがはやく感じられます。

季節の移り変わりや天候の変化には、年齢や個人差があるといってもきちんとついていける私たちの体ですが、ムリをかけないようにしなければいけませんね。

どこかの自治体の議員さんが小学校か中学校では冷房は必要ないと発言したことが物議を醸している、というニュースをちらりと見ましたが、毎年のように異常気象が増えていますし、どうなのかなと思いました。

2014年6月のお知らせ

6月のお休みをお知らせします。

6月は1日,8日,15日,22日,29日の毎週日曜日です。

 

6月を前にして早くも真夏日になっています。

一方で今年はエルニーニョ現象で冷夏になるという予報もでているようですね。

急に暑くなったからといっても先が読めない夏になりそうです。

2014年5月のお知らせ

2014年5月のお休みをお知らせします。

5月のお休みは3日,4日,5日,6日,11日,18日,25日の日曜日および祝日です。

2014年4月のお知らせ

4月のお休みをお知らせします。

4月のお休みは6日,13日,20日,27日,29日の日曜日および祝日です。

 

寒かった日から一転、一気に暖かくなり花粉もピークかと思われる時期になりました。

桜の花も咲いたかと思えばすぐに散ってしまいますが、こちらはもう少しくらい長く咲いていて欲しいものです。

 

本日より消費税が8パーセントになりました。

当店はノブなど一部商品を除き、税込み表示とさせていただいております。

2014年3月のお知らせ

3月のお休みをお知らせします。

3月のお休みは2日、9日、16日、21日、23日、30日の日曜日および祝日です。

 

3月になってあたたかくなることを期待したいですが、今年は油断ができなさそうですね。

花粉の予想も今年は多そうだということですが、すでに花粉による鼻炎の方もおられるようです。

花粉だけではなく、今年はPM2.5がとうとう身近に迫ってきたようです。

関西方面の友人によると、なんとなく舌がザラザラする感じもあるそうです。

PM2.5注意報には花粉より注意した方がよさそうです。

2014年2月のお知らせ

2月のお休みをお知らせします。

2月のお休みは2日、9日、11日、16日、23日の日曜日および祝日です。

 

早いものでもう2月になってしまいました。

最近とくに寒暖の差が激しくなっていますので、体がついていかないという方も多いのではないでしょうか。

生活のリズムが狂うと、それでなくてもついていけない気温差でなおのこと健康のバランスを崩しやすくなります。

きちんと睡眠をとってなるべく決まった時間にバランスのいい食事をとるだけでも、リズムは整えられます。

私自身も気をつけたいとおもいます。

年末年始および1月のお休みのお知らせ

2013年の年末年始と定休日をお知らせします。

年内は31日火曜日の午前中まで、年明けは4日土曜日の9時から営業いたします。

1月のお休みは三が日および、5日、12日、13日、19日、26日の日曜日と祝日です。

 

今年も、たくさんの患者さま、お客様にお越しいただき、ありがとうございます。

来年からも迅速で正確かつ丁寧で親身な調剤と人に接する心を大切にしていきますので、よろしくお願いいたします。

12月のお知らせ

2013年12月のお休みをお知らせします。

12月のお休みは1日、日8,15日,22日、23日、29日の日曜日および祝日です。

なお年末年始のお休みは追ってお知らせいたしますが、年末は大晦日の午前中まで営業いたします。

今年もいよいよ師走になりますね。

今冬は例年よりも寒気が強いようです。かぜ薬をお求めになるお客様も多いように感じます。

寒さが厳しく感じられるぶん、逆に予防しやすいかもしれませんね。

なにかと忙しくなる時期ですが、年末にむけて、ムリをしないようにしたいものです。

11月のお知らせ

2013年11月のお休みをお知らせします。

11月のお休みは、3日、4日、10日,17日,23日,24日の日曜日および祝日です。

 

10月のお知らせ

2013年10月のお休みをお知らせします。

10月のお休みは6日,13日,14日,20日,27日の日曜日および祝日です。

はやいものでとっくに夏は過ぎ、朝晩などは日ごとに肌寒くなってきました。

季節の変わり目ということで、風邪を引かれる方が急に増えています。

家族の中で誰かが風邪を引くと、注意していても移ってしまうものです。

なるべく風邪をひかない事が一番ですが、もし引いてしまったら、引きはじめのうちになおしてしまいましょう。